私と台本

台本がありますね。台本は劇の筋書きが書いてあり、それぞれ役割とセリフが載っています。

それぞれ振り分けられた役者はそれぞれを演じるために練習をします。本番があるのでそれに向けて練習をします。

劇は、台本通りに進めばいいので「あの時、ああいえばよかった」なんて後悔はありません。それはもう失敗なのですから。

劇は繰り返し、繰り返し上演されます。きっちりと時間内に終わるように設定されています。

台本通りに中々、行かないものですね。その一瞬にかけるしかないですね。その前に今は上演中ではないのですね。

反省はしても、後悔はしない。少し、疲れました。落ち着かないと。よくやりました。私。

次の台本に取り掛かれるように、次の役を演じられるように、漂白された私を常に意識することが大事かもしれませんね。いつ幕が閉じるか、分からないのですから。