私と公園

涙が、ほろりとでました。

寄生獣を読み終わっても、待ち合わせの予定にはまだたっぷりと時間があり、夕日が綺麗だったので近くの公園まで歩くことにしました。

寄生獣はとても良い漫画で、読み切ってよかったなあと余韻に浸っていました。読み切って、その内容が少し感情を解きほぐしてくれたのかもしれません。

ざまざまと色々なことが思い出され、それは今までは良くない感情を伴っていたのですが、すべて「色々とあったなあ」というニュートラルな感情で涙がほろりとでました。

私にとって、やはりかけがえのない出来事たちだったようです。

またひとつ、整理が付きました。

その後は友人と焼き肉を食べ、筋トレをして、そろそろ眠りにつきます。

ここでの眠りは最後になるかもしれませんね。