私と休暇

ここ数日は気分転換に故郷に戻っていました。ただ環境を変えようかなと思っただけです。親にも顔を見せようかなと。

故郷でも起きて学習して、ご飯作って、筋トレして、は変わりませんでした。唯一違ったのは、沢山話ができたことです。

それが、思いのほか良かった。非常に良い気分転換になりましたし、考えの整理もできました。

永遠に誰かの子であり続けますし、実家に戻るとやはり何歳になっても子供であるのだなあということを改めて感じます。

 

実家にいるときは、特にSNSに触れませんでした。

このブログはPCからのみで更新しているので、これを書くSNSも定点観測しています。

すごく善し悪しがありますね。

といいますか、ただ眺めているだけではない自分に気が付きます。無意識のうちに感情が湧いてますね。

過去の自分と比べる、と言っていますが、他人の定点観測をしている内に、他人と比べないことにリソースを使っている自分が居ますね。

それでもこれには自分のことをつづり、誰かの目に留まることを、ささやかに期待している矛盾を内包しているわけですが。

者、物、モノは使いよう。遮断しても良いかもしれません。それは孤立とは違いますね。意図しない形で他人の動向が入る、容量は案外大きくないみたいですので。

 

老いのことを考えています。老いのその時までに、知性の基礎を固めておきたいですね。そのように思いながらぼちぼち学習しています。