私と最近

どうやら体内時計がかなり狂ったみたいで、寝付けません。

どうにかなるでしょう。焦りに焦りを重ねた末に寝付けるのなら苦労はしませんから。

最近衝撃を受けたのは、子供が、自ら命を絶った事件です。

「子どもが自殺した事件」、しかし嫌にこの一文が指す事件が増えましたね。ほとほと、今は21世紀なのだろうかと疑るようなことばかりで、怒り→げんなりを過ぎてまた新たな「怒り」の時期に到来しています。

心身が不安定になりつつあった以前から快復すべく、なるべく自分が直接手の施しようがないことや、犬も食わない三面記事は避けつつ、ぽつりぽつり、社会復帰のために新聞の拾い読みをしていました。

その間にも痛ましい事件、あさましい事件が恐るべき早さで食い尽くされていくのを感じていました。

節操がないですね。まるで、イナゴのよう。

そして今回のことは少々、見過ごすには到底無理な出来事だなと感じています。

自分の身の回りで十分で、手いっぱいなので、この手のことについては敢えて腰を据えて考えないようにしていたわけですが、酷い。

やはり21世紀ではないみたいです。この世は地獄ですね。あながち、石器や弓で生活する日はそう遠くないみたいですね。

 


アーバンギャルド - シンジュク・モナムール URBANGARDE - SHINJUKU MON AMOUR