私と浅ましさ

自分の浅ましさにくらくらしました。

近頃、少し詰めているなと感じていたのですが、それに火がついてしまったようです。

誰かに迷惑をかけたわけではなく、単なる笑い話ではあるのですが、しかし自分の軽はずみな行動になぜ英雄的精神を若干感じながら遂行したのか、理解に苦しみます。

反省すべきです。

「部屋に閉じこもることは人が最も不得意とすることである」とは言った人が居ましたが徐々に肥大する自己意識は、正しく扱わないとなりません。

しかし非常にむつかしくて、危険なものだと再認識しました。

さて、反省は歩きながら行わないといけません。上記のように閉じこもっては解決しないようですから。

そして自己意識を扱う方法論をちと考えなければいけません。

なにより、人と話すことがかけています。これは軽視していましたが、結構まともに向き合わないといけません。