私と5月

5月が過ぎました。

書き記したものを見てみると、こちらでの文章量は減っているのにアナログに残している文章量はここ二か月増えてい増した。

内面化することは結構体力を使います。がっつり自分と向き合うわけなのですから。

となるとここ二か月くらいの方は内面化を文章にして残せるほどに余裕がある、ということなのでしょう。

5月は特筆すべきことはありません。初旬に人と会ったくらいで後は連絡したり来たりした程度でした。学習ペースに関しても、下旬に波の谷間が来ましたが、わりかし「ああ来たのね」というくらいに眺めることはできました。抵抗はできませんでしたけれど。

5月の自分を振り返ると、やはり1か月に2回ほど、家族や職場以外の人間と会話することや出かける時間をとるべきなのでしょう。

4月上旬までは極端な形でそういったことを制限していましたが、5月はそのへんを意識して色々とやってみました。

あとは、波の谷間がくるメカニズムが多少なりとも把握できればいいんですけれども。

嗜好品ももう使用してませんし、それの中断にともなう離脱症状もあるはずがないので、きっと1か月を単位とした”サーカディアンリズム”のようなものがあるのでしょう。

 

それが寂しさ故なのか、それ以外なのか、寂しさとそれ以外がまじりあっているのか。

寂しさ故だったら正当化できないのか、そういうことを考えていました。

しかし寂しさは実際あるのだし、自分の中の「正しい」形で処理できればいいのですけれど。

しかし本当にそれは「寂しい」からなのかどうか、も考える必要もありますが。

 

食事はきちんととれていますし、新しい料理にも挑戦しました。親子丼や煮込みハンバーグなど。最近バジルも育て始めました。

4月は「朝に道を聞かば~」という気概で毎日過ごしていましたが、5月は割とそういうこと考えずに(それでも毎日戦いだ、と中島みゆきの「ファイト!」が流れていましたけれど)、過ごしたような気がします。

 

取りあえず元気です。このまま私は若さを「学習」へと振り分けて生きそうな、そんな気がしています。学びたいことが多いのは未来志向で良いことです。

皆さんはお元気でしょうか。