ためらう事、それはためらいがあるのでまだその時ではないのだろう。

大きな流れの中を、鯨のように泳いでいく、ただそんなことを考えながら自然と自分の結びつきを忘れないように生きていく。